人気ブログランキング |

企業の業務の見える化(概略)【必見】

企業の体質改善と、体力強化に向けて

某研修会から、差し支えない範囲で抜粋のみお知らせします。

内容の要点は、企業内部において抱える様々な問題点をどのような方法で解決するか

潜在化した問題も全てあぶり出すという一つのソリューションのアプローチの仕方です。

まずはじめに何をすべきか。

現状把握】・・・但し、一般的に通常で考えているところの現状把握とは大幅に違います

何が違うか?・・・「ここが一番、大事な点」です。

企業の実態をまず知ることが最も重要です。現状把握から始まって、問題点、課題等々の分野毎に検討を始める訳ですが、その際、一番初めに作成したメモや、検討段階で作成した記録も全て残し、後でそれらをある分析手法を用いて、グルーピングしたり、マトリックス化したり、その他手法を用いて【求める解】に辿り着こうとする一連の検討作業を通じて、企業の業務の見える化が初めて達成されるというものです。

この企業の見える化が出来て初めて、経営幹部が企業をどう舵取るかの判断材料が整い、戦略的な展開を図る方針を練ることになります。

企業の「見える化」は、その序章でしかありません。しかし、この一番ベーシックな部分の把握が不十分ですと、その後の戦略上の判断に誤りの誘発原因となります。

一般的に企業経営者は、「良く、自社の実態は隅から隅まで知り尽くしている。」と仰いますが、そのような方に限って、部署まかせ、人まかせ、前年並みという程度の感覚をお持ちの方が多いようです。

現在のような「元気のない経済」から、脱却し、この時勢であっても【右肩上がり】の企業は沢山あります。

そのような元気な企業を目指すためには、戦略的なマネージメントは必須となってきます。

【戦略】
戦略とは、ギリシャ語で「Strategia(ストラテギア)」と言い、Strategos(将軍)が用いるべき術(Art)、又は科学(Science)の意味です。<企業全体の方向付け、その目標を意味しています。>

【戦術】
戦術とは、戦略を達成するための手段やプロセスを意味します。

アーサー・ケストラーが創り出した言葉として、【ホロン】があります。組織論、戦略論を検討する場合、物・事象を把握する概念としての考え方です。

「ホロン」と言う言葉は、hol(=全体)on( = 部分)から成り立っており、部分であるが全体としての性質も持ち上下のヒエラルキーと調和し、機能する単位。 全体を構成する要素がそれ自体、全体としての構造をもつ場合の、要素(部分)としてのひとつの全体。全体子とも言う。例えば、人体という全体を構成する要素(部分)である組織・細胞も、各々全体としての構造、機能をもっており、ホロンと言えます。

このことから、企業の内部についても全く同じことが言えます。

企業体力強化のため、検討するプロジェクト・マネージメントが是非とも必要です。
by MAZDA-K | 2011-09-21 16:05 | お役立ち(ビジネス)


日本を元気に!企業体質改善のお手伝いします!


by mazda-k

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ホームページ予定
エピソード(面白小話)
今日の感謝
美術館巡り
趣味(各種デバイス)
趣味(車・バイク)
趣味(JAZZ)
今日の気付き(コラム)
お役立ち(ビジネス)
Facebookコーナーへ
未分類

以前の記事

2011年 09月

フォロー中のブログ

松田正雄税理士事務所

松田正雄税理士事務所



検索

タグ

(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

最新の記事

企業の業務の見える化(概略)..
at 2011-09-21 16:05
クラウドワークショップin徳..
at 2011-09-19 23:02
私のワークスタイルは(ドラエ..
at 2011-09-19 18:49
MIHO MUSEUM~永遠..
at 2011-09-17 00:47
プライベートクラウドの導入が..
at 2011-09-16 09:44

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧